薄毛の原因

薄毛の原因はたくさんありますが、大きく分けると3つになります。

まず一つは、遺伝です。

親戚に薄毛の方がいれば、自分も薄毛になる確率はとても高くなります。

特に男性型脱毛症であれば、遺伝が原因である確率が高いです。

薄毛になりやすい体質の方と壮でない方がいるというわけです。

薄毛になりやすいので、そのままほおっておくと薄毛になってしまうということですね。

次に考えられる薄毛の原因は、男性ホルモンの異常です。

男性ホルモンは筋肉を作ったり、ヒゲを生やしたりと男らしくなるために必要なものですが、この男性ホルモンが異常に働くと髪の毛が抜けやすくなってしまうのです。

髪の毛には、毛周期というものがあり、成長期と退行期、休止期の3段階に分けられています。

1サイクルは基本6年から7年といわれています。

しかしこの期中に男性ホルモンが異常に働くと、成長期が短くなり、休止期が長くなってしまって、髪の毛が薄毛になってしまうのです。

そして最後に考えられる薄毛の原因は、ストレスや生活習慣の悪化です。

ストレスがあると自律神経の乱れがおこり、それによりホルモンバランスが乱れ、薄毛になったり、また食生活が乱れ栄養不足ですと髪の毛にまで栄養が行かなかったり、運動不足などで血流が悪く、髪の毛の成長に悪影響を及ぼすことがあります。

このように、遺伝、男性ホルモン、ストレスが原因で、またはそれらのいくつかが重なって、薄毛になってしまうと考えられます。

◆おすすめクリニック=>脇坂クリニック大阪はこちら